SMC-PENTAX18㎜F3.5というレンズ、その3
e0069983_8444827.jpg

MZ-S+SMC-P18㎜ F3.5 FUJI SP100

 18㎜というとAPS-Cサイズのデジタル一眼が普及した最近では標準的な画角のような感覚な気がしますけれども、普通はそれほど使うわけではないので、フィルムで撮るという機会は初めて(以前もしかしたらNIKONで使ったような・・・)なのでその画角の広さは圧巻でした。
 あと曇っていても、フィルターで「SKYLIGHT」に合わせると背景が雲でも輪郭が、それほどぼやけず、見栄えするので途中からはほとんどこの「SKYLIGHT」に合わせていました。フィルターというのは(オレンジやイエローなどは除き)本当に効果があるの?と思ってしまうのですが、こういうことなのねと改めて認識しました。画像がすぐ確認できるデジタルならではの恩恵と言えるのでしょうけれども。
 このサイズで、明るくて、できたらフィルムでも使用可能なDFAという形で、18㎜単焦点というのを出して欲しいとずっと言っている(某掲示板でボソボソと)のですが皆さんいかがでしょうか。ズームのほうが便利?便利かもしれませんね、でもなぜそう言いながら皆沼に浸かっていくのでしょうか・・・
by yakusokuno-oka | 2005-09-26 09:04 | その他の機種、レンズ
<< 夏の日の夜に SMC-PENTAX18㎜F3... >>